タイトル  
会則 入退会案内 運営委員 急性期カード お問い合わせ リンク
 
トップ
お知らせ
ご紹介
研究会の歩み
学術集会のご案内
学術集会記録
学術活動報告
 
 
更新日: 2016年7月27日
 
 
 
第32回 近畿川崎病研究会
日 時 : 2008年3月1日(土)
会 長 : 中川 雅生(滋賀医科大学 小児科)

セッション1
座長:篠原 徹(近畿大学)
1.川崎病の治療中に発症したGianotti症候群の1例
箕面市立病院 小児科 三好 洋子 ほか
2.川崎病による意識障害を伴った心筋炎の2症例
国立循環器病センター 小児科 内山 敬達 ほか
3.川崎病様症状を呈したEBウイルス感染症の2例
社会保険紀南病院 小児科 南 孝臣 ほか
4.川崎病の家族歴を有し、3度目の再発を来した男児例
彦根市立病院 小児科 田中 篤志 ほか
5.肺野に結節病変を認めた川崎病の1例
京都府立医科大学大学院医学研究科 小児循環器病学・小児腎臓病学 河井 容子 ほか

セッション2
座長:三谷義英(三重大学)
6.川崎病における上腸間膜動脈径の検討
中野こども病院 藤井 喜充 ほか
7.血管内超音波法の高周波信号解析による川崎病後遠隔期冠動脈病変の評価
―動脈硬化性病変の新たなエビデンス―
三重大学大学院 医学系研究科 小児発達医学 三谷 義英 ほか
8.川崎病罹患35年後に突然右上腕動脈閉塞を来した1例
神戸市立医療センター中央市民病院 小児科 廣田 篤史 ほか
9.軽微な急性期病変にもかかわらず
右冠動脈閉塞を来した川崎病既往の1例
滋賀医科大学 小児科 柴田 晶美 ほか

特別講演1
座長:M岡建城(京都府立医科大学)
川崎病治療におけるガンマグロブリン製剤の有効性と安全性
東邦大学医療センター大森病院 第一小児科 佐地 勉

セッション3
座長:津田悦子(国立循環器病センター)
10.MR Coronary Angiographyの現状 ―1.5Tと3Tの比較―
東京逓信病院 放射線科 武村 濃 ほか
11.川崎病のMRIによる冠動脈血管壁断面の検討
東京逓信病院 小児科 北爪 勉 ほか
12.MDCTによる川崎病冠動脈病変の遠隔期評価
近畿大学医学部 小児科学 丸谷 怜 ほか
13.川崎病における心電図異常の意義 ―当院での症例を検討して―
国立国際医療センター 小児科 田中 瑞恵 ほか

特別講演2
座長:中川雅生(滋賀医科大学)
小児における抗サイトカイン薬の功罪
国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 川西 徹

セッション4
座長:吉林宗夫(近畿大学医学部奈良病院)
14.ガンマグロブリン、ステロイドパルス、インフリキシマブに不応で
シクロスポリンが有効であった川崎病の1例
近畿大学医学部奈良病院 小児科 嶋尾 綾子 ほか
15.ガンマグロブリン不応の川崎病に対するシクロスポリンの使用経験
松山赤十字病院 小児科 馬場 健児 ほか
16.当科初診時に冠動脈拡大、瘤を認めた症例について
市立豊中病院 小児科 笹瀬 紗知子 ほか
17.3回目の川崎病発症の際に重篤な心血管合併症を併発した女児例
金沢医科大学 小児科 秋田 千里 ほか


記録の閲覧について
閲覧申込
学術集会記録の一覧に戻る