タイトル  
会則 入退会案内 運営委員 急性期カード お問い合わせ リンク
 
トップ
お知らせ
ご紹介
研究会の歩み
学術集会のご案内
学術集会記録
学術活動報告
 
 
更新日: 2016年7月27日
 
 
 
第26回 近畿川崎病研究会
日 時 : 2002年3月2日(土)
会 長 : 松村正彦(天理よろづ相談所病院 小児科)

最近の話題
座長:佐野哲也(大阪厚生年金病院)
7th International Kawasaki Disease Symposium より
和歌山県立医科大学 小児科  上村 茂
国立循環器病センター 小児科 津田悦子

セッション1
座長:福田和由(奈良県立医科大学)
1.急激な肝機能異常を認めた川崎病の1例
箕面市立病院 小児科 北岡 太一 ほか
2.マイコプラズマ肺炎を合併した川崎病の1歳女児例
関西医科大学 小児科 田中 智子 ほか
3.巨大な頚部リンパ節炎で発症し、若年性関節リウマチ様症状を伴った
川崎病の1例
滋賀医科大学 小児科 岡本 暢彦 ほか
4.急性糸球体腎炎を合併した川崎病の1例
神鋼加古川病院 小児科 吉田 茂 ほか
5.川崎病頻回発症例4例の検討
紀南綜合病院 小児科 渋田 昌一 ほか

セッション2
座長:西岡研哉(大津赤十字病院)
6.巨大冠動脈瘤から冠動脈狭窄を経て冠動脈閉塞に進展した川崎病の1例
近畿大学医学部 心臓小児科 福田 毅 ほか
7.川崎病を疑うも抗生剤投与に反応し
軽快後冠動脈瘤の存在に気づかれた1例
京都大学医学部 小児科 石原 温子 ほか
8.1歳時に川崎病に罹患し、3歳時に広範囲心筋梗塞、
重症心不全をきたした15歳男児の経過と今後の治療方針について
神戸市立中央市民病院 小児科 芳本 潤 ほか
9.巨大冠動脈瘤に対するワーファリン療法中に腹腔内出血を来した1例
和歌山県立医科大学 小児科 南 孝臣 ほか
10.急性期に冠動脈病変を合併しなかった川崎病既往児90例の
長期経過について
京都市立病院 小児科 清水 次子

セッション3
座長:吉林宗夫(近畿大学医学部 奈良病院)
11.成人期川崎病冠動脈障害のスクリーニングと経過観察
―MRCA(Magnetic Resonance Coronary Angiography)の
 有用性について―
東京逓信病院 小児科 稲葉 利佳子 ほか
12.川崎病既往正常冠動脈の免疫組織化学的検討
東京逓信病院 小児科 鈴木 淳子 ほか
13.免疫グロブリン療法を施行し急速に改善した劇症型心筋炎の1例
−抗酸化因子チオレドキシン(TRX)の解析の検討−
京都大学大学院 循環病態学 塩路 圭介 ほか
14.急性期川崎病におけるBNP、ANPの検討
市立豊中病院 小児科 浜名 圭子 ほか

セッション4
座長:清水達雄(生駒総合病院)
15.川崎病急性期におけるアスピリン治療の有効性について
京都第二赤十字病院 小児科 伊藤 陽里 ほか
16.当院で施行したガンマグロブリン超大量療法(1g/kg/day)について
市立豊中病院 小児科 黒飛 俊二 ほか
17.研修指定病院小児科におけるクリニカルパス普及度と川崎病パス
市立岸和田市民病院 小児科 瀬戸 嗣郎 ほか

特別講演
座長:松村正彦(天理よろづ相談所病院)
小児狭心症患者のヘパリン運動療法
京都大学医療技術短期大学部 藤田 正俊

シンポジウム
座長:上村  茂(和歌山県立医科大学)■■■■■■■■■
荻野廣太郎(関西医科大学附属洛西ニュータウン病院)
川崎病既往者の長期予後 ―そのエビデンスは―
  川崎病児はいつまで経過観察が必要か?
―冠状動脈血管機能および構造からのアプローチ―
久留米大学医学部 小児科 石井 正浩
  川崎病による冠動脈炎は予後に影響するか?
−冠動脈瘤のない患者の20年の経過観察から−
国立循環器病センター 小児科 津田 悦子
  瘤を確認できなかった冠状動脈、狭窄性病変への進展の可能性について
東邦大学医学部附属大橋病院 病理学 高橋 啓
  川崎病既往者の長期予後:疫学的観察から
自治医科大学 公衆衛生学 中村 好一
【追加発言】
  川崎病後遠隔期の内皮機能障害と遠隔期管理
三重大学医学部 小児科 三谷 義英
  経過観察を終了することが可能な川崎病既往児に対する
管理への提言(案)と2003年の第2回目のシンポジウムに向けて
近畿川崎病研究会 管理に関する小委員会 篠原 徹


記録の閲覧について
閲覧申込
学術集会記録の一覧に戻る