タイトル  
会則 入退会案内 運営委員 急性期カード お問い合わせ リンク
 
トップ
お知らせ
ご紹介
研究会の歩み
学術集会のご案内
学術集会記録
学術活動報告
 
 
更新日: 2016年7月26日
 
 
 
第21回 近畿川崎病研究会
日 時 : 1997年3月1日(土)
会 長 : 清水達雄(生駒総合病院 小児科)

座長:西岡研哉(大津赤十字病院)
1.股関節炎と巨大冠動脈瘤を合併した川崎病の女児1例
日本赤十字社和歌山医療センター 小児科 宮崎 文 ほか
2.川崎病による僧帽弁腱索断裂を来した2例
国立循環器病センター 小児科 澤田 博文 ほか
3.最近発症した川崎病の心病変 −心病変合併例が増えていないか−
近畿大学医学部 心臓小児科 篠原 徹 ほか
4.新生児期に発症した川崎病不全例の2症例
日本赤十字社医療センター 小児科 稲毛 章郎 ほか

座長:中川雅生(滋賀医科大学)
5.川崎病冠動脈障害の遠隔期内膜肥厚の増殖因子の関連について
東京逓信病院 小児科 鈴木 淳子 ほか
6.川崎病冠動脈瘤の3次元MRI像
−navigator 3D coronary systemを用い、呼吸停止を用いない描出法−
和歌山県立医科大学 小児科 上村 茂 ほか
7.川崎病後心筋梗塞例における“Stunned Myocardium”
−PETを用いた検討−
     
京都大学医学部 小児科 西村 実保 ほか
8.川崎病急性期のQT時間について
滋賀医科大学 小児科 岡川 浩人 ほか

特別講演
座長:尾内善四郎(京都府立医科大学)
川崎病モデルと考えられる実験的マウス血管炎について
−その発生メカニズムと治療的試み−
帝京大学医学部 小児科 吉野 加津哉

座長:清沢伸幸(京都第二赤十字病院)
9.近畿地区における
川崎病ガンマグロブリン療法に関するアンケート調査(第2報)
近畿川崎病研究会 アンケート調査小委員会 清沢 伸幸 ほか
10.近畿地区における川崎病ガンマグロブリン療法について
第3病日以内投与開始症例の検討(第2報)
近畿川崎病研究会 アンケート調査小委員会 荻野 廣太郎 ほか
11.近畿地区の川崎病に対する
ガンマグロブリン療法の副作用について(第2報)
近畿川崎病研究会 アンケート調査小委員会 西岡 研哉 ほか

特別講演
座長:神谷哲郎(国立循環器病センター)
川崎病とビタミンE
大阪医科大学 小児科 玉井 浩

ワークショップ
座長:冨田安彦(神戸市立中央市民病院)
上村 茂(和歌山県立医科大学)
ガンマグロブリン不応例の治療について
12.ガンマグロブリン大量療法にもかかわらず、
動脈瘤を形成した川崎病の2例
大阪医科大学 小児科 片山 博視 ほか
13.γ-グロブリン投与例における
Coronary artery lesion (CAL) 出現の予測
京都府立医科大学 小児疾患研究施設 内科部門 周藤 文明 ほか
14.γ-グロブリン大量投与例における血中IgG濃度の推移
京都府立医科大学 小児疾患研究施設 内科部門 周藤 文明 ほか
15.ガンマグロブリン1回大量療法における追加投与の現状
神戸市立中央市民病院 小児科 冨田 安彦 ほか
16.ガンマグロブリン不応症例の川崎病冠動脈障害について
国立循環器病センター 小児科 津田 悦子 ほか
17.選択的ウリナスタチン・免疫グロブリン併用療法の
川崎病冠動脈合併症予防効果について
岐阜県立多治見病院 小児科 中野 正大 ほか


記録の閲覧について
閲覧申込
学術集会記録の一覧に戻る