タイトル  
会則 入退会案内 運営委員 急性期カード お問い合わせ リンク
 
トップ
お知らせ
ご紹介
研究会の歩み
学術集会のご案内
学術集会記録
川崎病関連情報
学術活動報告
私と川崎病
 

《更新日:2009.6.17》
 
 
 
第15回 近畿川崎病研究会
日 時 : 1991年3月9日(土)
会 長 : 尾内善四郎(京都府立医科大学 小児疾患研究施設 内科部門)

座長:鈴木淳子(国立循環器病センター)
1.血小板数と平均血小板容積による川崎病冠動脈病変の早期予知について
滋賀医科大学 小児科 杉浦 康夫(現 彦根中央病院)ほか
2.ガンマグロブリン大量療法にもかかわらず冠動脈瘤形成を認めた
川崎病4症例の検討
関西医科大学 小児科 池田 志麻子 ほか

座長:荻野廣太郎(関西医科大学)
3.川崎病既往例の僧帽弁疾患
国立循環器病センター 小児科 新垣 義夫 ほか
4.川崎病冠動脈障害児のジピリダモール負荷201Tl 心筋SPECT像
明和病院 小児科 児嶋 茂男 ほか
5.川崎病冠動脈障害におけるACバイパス術前後の
左室パフォーマンスの評価
−Tc-99m運動負荷心プールイメージングによる検討−
国立循環器病センター 小児科 津幡 眞一 ほか

座長:篠原 徹(近畿大学)
6.PTCR後に冠動脈バイパス手術を施行した川崎病巨大冠動脈瘤の1例
日本赤十字社医療センター 小児科 片岡 正 ほか
7.反復する巨大冠動脈瘤内血栓に対して
ウロキナーゼの経静脈性血栓融解療法が有効であった1例
和歌山県立医科大学 小児科 吉岡 美咲 ほか
8.巨大冠動脈瘤内血栓の消退過程を追えた川崎病の1例
京都府立医科大学 小児疾患研究施設 内科部門 大持 寛 ほか

最近の話題
座長:神谷哲郎(国立循環器センター)
川崎病病因に関する一考察
NTT九州病院 院長 古庄 巻史

座長:上村 茂(和歌山県立医科大学)
9.当科における巨大冠動脈瘤の予後
天理よろづ相談所病院 小児循環器科 三谷 義英 ほか
10.冠動脈セグメント狭窄の分類とその臨床的意義
国立循環器病センター 小児科 鈴木 淳子 ほか

座長:四宮敬介(済生会中津病院)
11.冠動脈瘻に拡大性病変をみた川崎病の1例
京都府立医科大学 小児疾患研究施設 内科部門 福持 裕 ほか
12.急性腎不全を来した腎実質性悪性リンパ腫で、
解剖の結果川崎病様冠動脈瘤の発見された成人の1症例
京都大学医学部 第三内科 藤原 久義 ほか
13.川崎病児末梢血単球のTNF-α、IL−1β産生能について
−in vitroでの免疫グロブリン、γ-インターフェロンの影響−
和歌山県立医科大学 小児科 鈴木 啓之 ほか

特別講演
座長:尾内善四郎(京都府立医科大学)
川崎病とサイトカイン
京都府立医科大学 微生物学 今西 二郎


記録の閲覧について
閲覧申込
学術集会記録の一覧に戻る