タイトル  
会則 入退会案内 運営委員 急性期カード お問い合わせ リンク
 
トップ
お知らせ
ご紹介
研究会の歩み
学術集会のご案内
学術集会記録
学術活動報告
 
 
更新日: 2016年7月26日
 
 
 
第14回 近畿川崎病研究会
日 時 : 1990年3月10日(土)
会 長 : 小川 實(大阪市立小児保健センター 循環器科)

座長:吉林宗夫(京都大学)
1.川崎病既往児におけるジピリダモール負荷での冠循環動態
京都府立医科大学 小児疾患研究施設 内科部門 濱岡 建城 ほか
2.川崎病におけるジピリダモール負荷投与量による所見の差異について
国立循環器病センター 小児科 小野 安生 ほか

座長:濱岡建城(京都府立医科大学)
3.川崎病における血小板容積
(平均血小板容積および血小板分布幅)の検討
彦根中央病院 杉浦 康夫 ほか
4.川崎病の心筋梗塞剖検心でみられる収縮帯壊死の分布について
京都女子大学 家政学部 食物学科 藤原 兌子 ほか

座長:藤関義樹(滋賀医科大学)
5.川崎病冠動脈病変の定量的タリウム心筋シンチグラフィーによる評価
−シンチ上偽陰性ないしequivocalな狭窄性病変の部位と形態−
天理よろづ相談所病院 小児循環器科 三谷 義英 ほか
6.川崎病冠動脈障害におけるポジトロンCT所見
京都大学医学部 小児科 吉林 宗夫 ほか

レクチャー
座長:播磨良一(播磨小児科)
第9回日本川崎病研究会 パネルディスカッションから
−ガンマグロブリン静注療法の適応と用量・用法−
京都府立医科大学 小児疾患研究施設 内科部門 尾内 善四郎

座長:佐野哲也(大阪大学)
7.生後3ヶ月以下で発病した川崎病7例の臨床像と予後
紀南総合病院 小児科 奥田 真珠美 ほか
8.川崎病急性期に冠動脈瘤内血栓形成を認め
経静脈的血栓融解療法を施行した1症例
日本赤十字社医療センター 小児科 土屋 恵司 ほか

座長:河内寛治(奈良県立医科大学)
9.冠動脈バイパス術を施行した不全型川崎病の1例
関西医科大学 小児科 趙 佐和 ほか
10.A−Cバイパス術の吻合物狭窄に対してPTCAを試みた川崎病の1例
大阪大学医学部 小児科 佐野 哲也 ほか

特別講演
座長:岡田伸太郎(大阪大学)
川崎病の生い立ちとその展望
日本赤十字社医療センター 小児科 川崎 富作


記録の閲覧について
閲覧申込
学術集会記録の一覧に戻る