タイトル  
会則 入退会案内 運営委員 急性期カード お問い合わせ リンク
 
トップ
お知らせ
ご紹介
研究会の歩み
学術集会のご案内
学術集会記録
学術活動報告
 
 
更新日: 2016年7月26日
 
 
 
第5回 近畿川崎病研究会
日 時 : 1983年8月6日(土)
会 長 : 横山達郎(近畿大学医学部 心臓小児科)

座長:槇野征一郎(兵庫県立尼崎病院)
1.当院の6ヶ月未満の川崎病について
耳原総合病院 小児科 古田 富美枝 ほか
2.川崎病罹病後10年目に大動脈弁閉鎖不全症を認めた15才男子例について
京都第一赤十字病院 小児科 小田部 栄助 ほか
3.冠動脈狭窄例の亜硝酸アミル負荷時の
Systolic Time Intervals(STI)について
京都府立医科大学 小児科 林 鐘声 ほか
4.川崎病の心冠状動脈の内膜肥厚について
国立循環器病センター 病理 今北 正美 ほか

座長:荻野廣太郎(関西医科大学)
5.川崎病患児の同朋にみられた異常反応
小倉記念病院 小児科 古庄 巻史 ほか
6.川崎病剖検例からのHamashima's particleの検索
京都大学医学部 病理学 高 大成 ほか
7.皮膚生検にて濱島粒子を確認したいわゆる不全型川崎病の一女児例
関西医科大学 小児科 荻野 廣太郎 ほか
8.巨大冠動脈瘤を残した川崎病不全型の1症例
明和病院 小児科 児嶋 茂男 ほか
9.巨大冠動脈瘤を合併した不全型川崎病の1症例
県西部浜松医療センター 小児科 中野 正大 ほか

座長:大国英和(大阪市立桃山病院)
10.いわゆる症状の少ないMCLSの検討 ―確認診断に5症状は必要か―
大阪市立大学 小児科 多田 明央 ほか
11.川崎病およびその不全型の臨床的検討
関西医科大学 小児科 楠原 充子 ほか
12.川崎病不全型症例の検討
日本赤十字社医療センター 小児科 林 北見 ほか
13.臨床的に川崎病不全型(乳児多発性血管炎)にて剖検された2症例の検討
新香里病院 藤原 兌子 ほか
14.不全型川崎病の診断と管理
静岡県立こども病院 感染免疫アレルギー科 瀬戸 嗣郎 ほか
  ― 特 別 発 言 ―
日本赤十字社医療センター 小児科 川崎 富作 ほか

座長:横山達郎(近畿大学)
15.本院における川崎病罹病児の管理
近畿大学医学部 心臓小児科 篠原 徹 ほか
16.堺市の学童生徒に於ける川崎病既往児と現況とその管理について
堺市学校医会 心臓検診班 竹中 恒夫 ほか
17.静岡県における川崎病既往学童の集団検診
静岡県立こども病院 循環器科 中野 博行 ほか
18.神戸市における昭和57年度小学1年生の川崎病既往児の実態と、
当面のわれわれの管理指導について
神戸中央市民病院 小児科 馬場 國蔵 ほか
19.川崎病冠動脈障害による心筋虚血の臨床診断
―生活指導の基盤として―
国立循環器病センター 小児科 杉田 はつみ ほか


記録の閲覧について
閲覧申込
学術集会記録の一覧に戻る